帯域幅

なぜIP電話の通話料は安いのか。

コラム 2010.07.06

なぜIP電話の通話料はアナログ回線に比べ安いのか?

それはアナログ回線よりIP電話の方が回線費のコストダウンが出来るからなのです。

アナログ電話では一回線ごとに使用する帯域幅が64kbpsと決められており、そこに音声データーを乗せて相手にどけるような仕組みになっています。そのほかの空いている帯域はデーター転送などに使います。

IP電話は音声データをパケット通信に乗せて相手に届ける事が出来るため、これと決まった帯域がありません。アナログ回線よりもデーター量が小さく、さらに帯域が広いためにコスト削減が可能なのです。

こういった技術的進歩により、IP電話はさらにこれから発展していくと思われます。

タグ: , ,